大正14年7月30日藤澤一雄さんは父親の仕事の都合により
アメリカ カリフォルニア州サンタバーバラで生まれた。
幼稚園までをアメリカで過ごした後、「日本人には日本で教育を受けさせる」という方針の下
母親と共に日本に渡った。

日本では神谷町周辺に住み、巴尋常高等小学校を卒業した後
昭和13年に早稲田中学校に入学。
その在学中に焼夷弾での爆撃を受け、後輩が焼かれて亡くなるのを目の前で見るなど
戦争を身近に感じながら少年時代を過ごしたようだ。

当時は男子が19歳になると赤紙(召集令状)が届き
ほとんどが強制的に陸軍に配属されたというが
藤澤さんは、ゲートルを履いて長い距離を行軍するのが嫌で、陸軍には入りたくないと思っていた。
しかし、飛行機への憧れがあり、空で機銃などを使用して敵と戦いたいという気持ちがあったため
赤紙が来る前に航空隊に志願したそうだ。

そして藤澤さんは三重航空隊に予備生徒として入隊。
そこで行われた訓練は、実際の機体ではなく、簡易的なグライダーを使用したものだけだったらしい。
グライダーを太いゴムロープのようなものでパチンコのように弾き出す。
そうするとグライダーが5〜10m程の高さまで飛び上がり、着陸までの間に
直進や左右の旋回を数回行う程度の訓練だったという。
というのも、藤澤さんらは実際の機体で訓練する必要がなかったのだ。

「我々は航空隊を志願して、飛行機乗りを志願したんですけども、
いつの間にかそれが、特攻兵器で、桜花っていうね」

藤澤さんが受けたのは、桜花(特攻兵器)の訓練だったのだ。
親機から切り離され、敵機に体当たりするのが目的であるため
戦闘技術は必要ない。飛行機の操縦さえできればよかったのだ。

百死に一生なしと言われていた特攻。

しかし初めて桜花に乗るということを耳にしたとき、藤澤さんは
桜花で戦えるということに爽快感を感じたのだという。
教官も、鼓舞する目的で優秀な者は桜花に乗れるのだということを言っていたのだ。

このような環境の中、死んでも国を守りたいたいと覚悟を決めていた藤澤さんだったが
8月15日、出撃することはないまま、玉音放送を聞くことになる。

1925年(大正14)
7月30日
 
アメリカカリフォルニア州サンタバーバラ生まれ
1931年(昭和6年)
9月18日
6歳
満州事変
1932年(昭和7)
3月 1日
 
満州国建国
1932年(昭和7)
 
 
神谷町(港区)に仮住まい
     
鞆絵(ともえ)尋常高等小学校入学
1936年(昭和11)
2月26日
10歳
二二六事件
1937年(昭和12)
7月 7日
 
盧溝橋事件から日中戦争に発展
1938年(昭和13)
 
12歳
鞆絵尋常高等小学校卒業
      早稲田中学入学(5年制)
1941年(昭和16)
12月8日
16歳
真珠湾攻撃
1942年(昭和17)
 
 
早稲田中学卒業
     
早稲田第二高等学院入学
 
4月18日
 
ドーリットル空襲(日本本土への初の空襲)
      早稲田第二高等学院にも焼夷弾が落下、後輩1人が直撃をくらい亡くなる
 
6月
 
ミッドウエー海戦
1944年(昭和19)
8月
19歳
海軍航空隊へ志願し三重航空隊入隊
 
7月 9日
 
サイパン島陥落
 
18日
 
東条内閣総辞職
 
8月 1日
 
テニアン島陥落
 
10日
 
グアムなどマリアナ諸島陥落
 
11月24日
 
マリアナ基地より飛び立った100機以上のB29による 東京空襲。空襲は以後、終戦まで120回以上にも及ぶ。
1945年(昭和20)
3月10日
 
東京大空襲
 
3月26日
 
沖縄戦終結陥落
 
5月25日
 
山の手空襲
 
8月 6日
20歳
広島原爆投下
 
9日
 
長崎原爆投下
 
8月15日
 
敗戦
 
9月
 
兵役免除 両親疎開先帰郷(長野県伊那市高遠)
      早稲田大学第二高等学院(予科)仮卒業
      早稲田大学経済学部1年編入
1948年(昭和23)
 
22歳
早稲田大学経済学部卒業
      都商事入社